みんなの電話占い 口コミ

台湾の占い横丁で占ってもらった体験談

今から8年前、私は当時勤めていた会社の社員旅行で台湾を訪れていました。
その時に占ってもらった占いの内容が恐ろしい程当たっていた事に非常に驚いたのを
今でも覚えています。

 

 

旅の最終日だったその日、ツアーバスで向かったのは台北最古のお寺「龍山寺」。
学業から健康・恋愛・子宝とたくさんの祠が並んでいて、順番に長いお香を立てて回りました。
続いて向かったのは、「行天宮」という三国志の名将を祀るお寺。

 

ここは商売繁盛の神様ということで、会社のみんなでお参りをし、最後に自由時間がありました。
希望者はガイドさんと一緒に近くにある占い横丁へ行けるとの事で、
それまで占いの類は興味がなかった私でしたが、旅の浮かれ気分と観光気分で
興味本位に人生初めての占いに挑戦する事にしました。

 

占い横丁に着くと、人気店は長蛇の列!自由時間内には無理そうとの事で、
なにやら地下街のようなところへ移動。そこにはたくさんの占いブースが並んでいて、
たまたま「ここ空いているよ」とガイドさんに呼ばれて入った先生がとてもよかったのです。

 

主に姓名・生年月日・手相で占う先生でしたが、最後にくれた台湾語の紙には
「五行八字論名命」と書かれていました。
通訳の方も隣にいたため、先生からの言葉を日本語で箇条書きにして
記入した紙も手渡してくれました。

 

占いの内容は、始めに姓名・生年月日・手相を見た後、何を占って欲しいかと聞かれ、
私は自分の健康運・仕事運・金運・結婚運を、そしてほんの少しの追加料金を支払い
旦那の仕事運・金運を、さらに夫婦の将来を子供についても含めて見て欲しいと伝えました。

 

すると、まずは実力披露というところなのか、私の性格やら現状をズバリと言われ、
それが当たっている!!と驚きつつ、何故何故?と思っている間に
次々と占いの結果を話し始めました。

 

金運・仕事運

36歳で全体的な運気が上がり始め、金運・仕事運が上がると
言われましたが当時私はまだ26歳。
ずいぶん先だなと思っていましたが、その年までもう後2年です。
そして2年後と言えば下の子が幼稚園に入る年で、仕事を始めるであろう年なのです。
今になりつくづく自分の人生に沿っている、当たっているなあと実感しています。

 

当時、旦那の実家のあるオーストラリアと日本、どちらで家を建てて生きていくのか
悩んでいましたが、日本で建てるのが良いと言われた事、すっかり忘れていましたが
現在日本で家を建てようと住宅メーカー巡りを始めたところで、
久しぶりにこの占い結果を引っ張り出してきて選択が正しいと
背中を押してもらっているようで安堵しています。

 

健康運・子供運

特に驚いたのがこの項目です。子供は二人、来年できますと言われ、
翌年本当に妊娠しました。
残念ながら流産となったのですが、それも当たっていたのです。

 

出産はとても大変で注意が必要、手術になる事、
健康面では胃腸が弱いので注意が必要と言われました。
この手術が流産の際に行った緊急手術だったのか、
その後できた長女の帝王切開手術を指したのかわかりませんが、
いずれにしても大変な出産だった事、手術になった事、
当たっていた事実に最近気が付き驚愕しました。

 

結婚運

まあまあ良いとの事で、旦那に優しくしていれば問題ないそう。
ただし優しくできないと離婚にも注意との事です。
最近優しくできていなかったので、気を付けようと気を引き締めました。

 

ラッキーカラー・方角

私のラッキーカラーは白と銀。
方角は西側。こちらは聞いていなかったけれども教えてくれた項目です。
そして現在、当時住んでいた県を離れ、西側の県へ引っ越しています。
これも不思議な因果かなと感じてしまうのです。

 

ちなみに追加で見てもらった旦那の運勢も、
仕事運で2012-2013年は耐え忍ぶ年だと言われていましたが、
事実、その頃勤めていた会社で低迷していました。
2013年明けて転職をし、現在は安定し、仕事も楽しめているようです。
金運は妻に任せる事でよくなる様なので、改めてお財布の紐はしっかり握ろうと思います。

 

占い結果を聞いている時は、ふーんという感じで聞き流していた事もあり、
大きく占い結果を意識して生きてきたわけではないこの8年ですが、
数年後に結果を見返し、当たっていることに驚き、
知らず知らずのうちにこの占いに導かれているような気がしてなりません。

 

しかし、台湾の占い横丁は当たり外れが激しいみたいで、
先輩の入ったブースは日本語が全く通じない、
通訳もなしで、何を言われているのかもわからず、
「大丈夫、大丈夫」ばかりで、とても残念だったそうです。
私のブースではしっかり名刺も渡されましたが、先輩のブースでは名刺もなかったそうで、
海外で占い店へ入る時は、ガイドさんや現地の方にきちんと聞く方が良いでしょう。

 

当たりはずれのある占いですが、きちんと口コミを調べたり、
人気の占い師であれば、人生の岐路や節目で参考に占ってもらうのも良いかもしれませんね。
私はきっとこの占いが人生最初で最後、この占いをやって良かった、信じていこうと思っています。